http://www50910.com 業務用厨房機器なら無限堂で!

現在時刻

QRコード
見積・査定/買取依頼は
無限堂にお任せください
フリーダイヤル
0120-031606
E-メール
center@mugendou.net
http://r-mugendou.com/syohin/tyubo/

業務用製氷機について

どんな飲食店でも絶対に置いてある、といえば業務用製氷機の存在を忘れてはいけません。ドリンク提供に使用する氷を始め、お客さんだけでなく業務に応じて氷を使用しなければならない場面が沢山出てきます。製氷機といえば家庭用のものを想像する人が多いでしょう。専用のタンクに水を入れて後は全自動で出来上がります、しかし業務用製氷機となると氷を作る仕組みが少し異なり、そのために必要な専用の作業があります。

業務用製氷機は一般世帯で利用されているものとは少し異なっているので、まずはその仕組みなども含めてお話していきましょう。製氷機

業務用製氷機の仕組みについて

家庭用冷蔵庫の製氷機は製造に必要な水をタンクに入れるだけで良いですが、業務用製氷機となると、まず水を給水するための給水口と水道を繋がなくてはいけません。そして氷を作る際に余ってしまった水を捨てる排水口と排水管をホースなどで繋ぐ必要もあります。この接続をしっかりして電源を入れれば後はすべて自動的に製氷されていきます。少しだけとはいえ、業務用製氷機を家庭用にと買った人はこうした点を見直すと、氷ができないという問題が解消できるかもしれません。

製氷機の種類について

現在発売されている製氷機にも色々な製品があります。製品タイプとしてもそうですが、やはり一番特徴的なものといえば、出来上がる氷の種類がバラエティ豊かであったり、また1日にどれだけの氷を製造できるかという点も含めて選んでいく必要があります。中でも量に関しては、メーカーごとの差もありますが最大で1,200kgというハイパー能力を有している製氷機もあります。

これから製氷機の購入を検討している人がもしいましたら、サイズ的な問題もそうですが出来上がる氷の種類と量が適切なものかどうかを確認してから製品を選んでいくと良いかもしれません。

業務用製氷機を高価買取してもらいためには

そんな業務製氷機を中古買取りしてもらいたいと思った時、高値で買い取ってもらうためにはどうしたらいいかと悩んでいる人もいるでしょう。製氷機はオールシーズン、時期を問わずどこの飲食店でも利用が求められているものになるので、需要は一年を通してみても高い方です。夏はもちろん、冬でも供給は決して低い方ではないので、買取時期はいつでも高めに査定してくれます。中でも最新式からおよそ7年以内に製造されたものであれば、高価買取の査定プラスポイントとなっているので検討してみてはいかがでしょうか?

また他にもこんな点を意識すると買取価格でプラス要素となりやすくなります。

製造する氷の種類について

業務用製氷機にも様々な種類が存在しているので、全ての製品に業者が強いとは限りません。例えばドリンク等に使用する製氷機の買取を強みとしている業者がいれば、圧倒的な量を製氷する製品を主に取り扱う事が多い業者など、得意分野が存在します。そうした業者を見つけるため、複数の買取業者で査定をしてもらってから何処で買い取りしてもらった方が良いかを考えてみましょう。

製造メーカーで変わります

業務用製氷機を製造しているメーカーも多数ありますが、中でも業界的に定評の高いメーカーの最新式であればあるほど、業者は高額査定ポイントとして数えています。該当するメーカーを持っている場合、査定時に情報を前もって伝えておくとプラス査定へと響きやすくなります。

キレイにしてから査定へ

落とせる汚れでも査定時にそのまま出してしまったら、せっかくの高額査定がマイナスという判断を下されてしまうことも良くあります。落とせる汚れであれば査定前に掃除や手入れをする、これだけで買取価格は大幅に向上します。

付属品を揃える

業務用製氷機は一般的な製氷機とは違って仕組みが異なっています。そうした違いをきちんと把握するためにも、購入時についていた説明書を含めた全ての付属品が揃っていても高価買取のプラス査定になります。購入するのが飲食店関係者だけではないため、説明書があるかないかだけで値段も前後してしまうので、査定する前には必ず見つけておくようにしましょう。

各店のご案内