http://www50910.com 業務用厨房機器なら無限堂で!

現在時刻

QRコード
見積・査定/買取依頼は
無限堂にお任せください
フリーダイヤル
0120-031606
E-メール
center@mugendou.net
http://r-mugendou.com/syohin/tyubo/

飲食店開業するケース

開業をするに辺り

飲食店の開業、それは多額の資金はもちろん、しっかりとした計画表を立てなくてはいけません。 漠然と実業家になりたい、というだけで成功できるほど簡単な世界ではない。 飲食の数は幅広く、あらゆるジャンルの料理を様々な企業が商品化してきたことで、多種多様な飲食店が増えています。 和食から洋食、中華を始めとした外国の料理を取り扱っているのです。 その数は統計的な観点で見ればとてつもない数に膨らんでいきます。

1つのお店を立ち上げるということは決して容易いことではありません。 飲食店の開業に際しては特に知っておきたい事があります。

仕入先を開拓

開業するに辺り、中には業界経験をしたことのない新規参入する方もいるでしょう。 一言言わせていただくとするなら、その後の販路開拓が非常に困難です。 それというのも、飲食店を開業するに際して個人にしろフランチャイズにしろ、今まで業界に携わったことが殆どとなっています。 それまで培ってきた経験、それらに付随する人脈やツテを利用することで、店舗で利用する食材などを仕入れているのです。

仕入れを行うに際して見ておきたいのが、

  • こだわりたいポイント
  • 予算
  • 業者の選別

上記の3つです。 開業する飲食店の種類により仕入れの予算は大きくズレますが、しっかりしたプラン立てがその後の経営にも大きく影響を及ぼします。

フランチャイズについて

ファストフード店に多く見られる『フランチャイズ契約』、一見するとメリットも高く、店舗ブランドに有名飲食チェーン店の名前を冠せるのでメリットと感じる人もいるでしょう。 ですが個人営業と違い、FC契約に際しては定期的に契約をしている企業へと月々の売上からいくらか『ロイヤリティ』を支払わなくてはならないのです。 そのため実際の売上と利益は個人営業と比べると大きく下がり、思ったより稼げない、なんて実業家の言葉も聞こえてきます。

ロイヤリティの支払いについても種類があり、

  • 売上歩合方式
  • 定額方式
  • 粗利分配方式

といったものがあります。

企業により異なるので、FC契約を考えている場合はこの点に注意してみましょう。

ページ説明

開業する店舗の種類によっても、何が必要でどんな機材を用意しなければならないのか、その違いが出ています。

焼肉
今と昔では店舗経営と方針、また店内レイアウトが劇的に変化したことにより、サラリーマンの方だけでなく、ファミリー向けの店舗や若者にも人気について焦点を当てつつ、開業についてご紹介しています。
とんかつ
昼時の需要度は一般的なレストランと比べても非常に高く、サラリーマンや学生に高く支持されています。 店内飲食をする際には『定食』が基本で、レイアウトや開業に際しての秘訣などに触れつつ紹介しています。
ラーメン
日本の国民食と言っても過言ではなく、まただからこそ競合他店が多くひしめき合う中で熾烈な戦いと過酷な生き残り戦争が毎年勃発しています。 そうした中でいかに経営を安定させ、成功に繋げられるか、そんなポイントに触れつつ開業のポイントを説明しています。
回転寿司
ラーメン同様国民食と言われつつ、高級料理というイメージの強い寿司を回転寿司にしたものが、1990年台からブームに乗って始まりを告げました。 今や外食産業においてあちこちで見かける飲食店を開業するポイントを紹介しています。
ファストフード
フランチャイズ契約が主で、全国各地に広がりその数は全国でも軒並み高い『ファストフード店』があります。 安価で手早く、しかし質と量を残ってはいけない中で売上を記録していかなくてはならない。 そんなファストフード店開業について紹介しています。
カフェ
お茶を楽しむ喫茶店としてではなく、食事とお茶の両方が楽しめて、アルコール類も嗜める飲食店経営のお店のことを指しています。 カフェと呼ばれながらもきちんとした飲食店での開業について、どのような点に気をつけつつしていけばいいのか、紹介しています。